アイキャッチ Cubase DAWソフト

【DTM】DAWソフトの超基本的な使い方 後編

2015/08/11

 

【DTM】DAWソフトの超基本的な使い方 前編 の今回は 後編 です。

 

録音の仕方

 

 

前回で音が出て弾ける段階まできました。

それを録音します。

録音と言ってもマイクに向かって録音するのとはちょっと違い、音のデータを録音する形になります。

音のデータとは、ドとかレとかの音の音階や、鍵盤を押した時の強弱や音量などをデータとして取る録音の方法です。

特に難しく考える必要はありません。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

早速録音してみましょう。

 

 

DTM DAWソフト Cubase

 

Cubaseの画面の 赤い● になっていて選択した状態だと 録音する音色のトラック という事になります。

 

トラックと言うのは難しく考えないで、1つの音色=トラックと考えてください。
例えばPianoだったら、ピアノの音色が1トラック、インストゥルメントトラックをもう1つ増やして、ベースやギターを選んだら、また1つトラックが増えた、と言う感じになります。

 

 

 

DTM DAWソフト Cubase2

 

録音するトラックの赤い●が押されている状態で、プレーヤーの赤い●の録音ボタンか、上部にある同じく赤い録音ボタンを押すと録音が始まります。

●ボタンを押して録音してみます。

 

お持ちのキーボードを弾いたり、バーチャルキーボードの鍵盤を弾いてみてください。

録音を停止したい場合はプレーヤーの □ の停止ボタンで停止します。

 

 

 

DTM DAWソフト Cubase3

 

トラックのところにデータが追加されました。これで録音されたことになります。

 

 

 

DTM DAWソフト Cubase4

 

もし短く表示されていたら、右下の△の所を左右にスライドさせると、データの大きさが見やすくできます。

 

録音されたデータを再生してみましょう。

 

 

 

DTM DAWソフト Cubase5

プレーヤーの |< で巻き戻して > で再生してみましょう。

音が再生されていたら正常に録音できていた証拠です。

 

作曲していく方法

具体的に作曲してく方法です。あくまで初歩的な方法です。

 

 

DTM DAWソフト Cubase6

 

好きな音色のトラックを追加しました。適当に基本的なベースとギターとドラムを追加して、同じように録音してみました。

データの部分を左クリックすると、ピアノロールエディタが出現します。

 

 

 

DTM DAWソフト Cubase10

ピアノロールエディタとは、左に鍵盤が配置されていて、音の音階のドレミが上下方向に配置されていて、音の長さが左右の長さと比例しています。

 

 

 

DTM DAWソフト Cubase7

 

どこかの音を選択して、ドラッグしながら上下に動かすと音階が変わります。

 

 

 

DTM DAWソフト Cubase8

 

左右にドラッグすると、音が出るタイミングが変わります。

 

⇔の音の左右の端をドラッグして動かすと、音の長さが変わります。

こうやって録音した時にミスしても後から修正することができます。

 

弾きながら録音して、ピアノロールエディタで修正して、

 

 

 

DTM DAWソフト Cubase9

 

最後に上のメニューから ファイル → 書き出し → オーディオミックスダウン

を選ぶと、名前をつけて最後にmp3にして、曲が出来上がります。

その前に オーディオミックスダウン が暗くなって選べなくなっていますね。

 

 

 

DTM DAWソフト Cubase11

 

この部分を選択して左右にドラッグすると、録音する箇所を選ぶことができます。選ばないとオーディオミックスダウンでmp3にすることができません。

 

 

 

DTM DAWソフト Cubase13

 

ここからここまで、という風に最初から曲の終わりの最後までの部分までドラッグしましょう。

 

因みにプレーヤーで再生する時にループをしたい時も、その部分を選ぶと、その選んだ部分だけループします。

 

 

 

DTM DAWソフト Cubase12

 

指定ができたら、オーディオミックスダウンを選んで、ファイルの名前と、WAVの部分をmp3を選んで書き出しボタンを押すと、

mp3ができました!後は再生して楽しんだり、人に聴かせたり、アップロードしてみるのもいいですね!

 

細かい所の説明

 

DTM DAWソフト Cubase14

 

カラフルなこの部分を選んで、細いところを選ぶと、トラックごとの色を決めることできて、作曲作業がしやすく見やすくなります。

 

 

 

DTM DAWソフト Cubase15

 

プレーヤーのTEMPOの部分をクリックすると、テンポを変更することができて、曲のテンポを速くしたり遅くしたりできます。

 

 

 

DTM DAWソフト Cubase16

 

トラックを1つ選んで、左のインサートという所をクリックすると、

 

 

 

DTM DAWソフト Cubase17

 

エフェクトを選択することができます。

エフェクトというのは、音に色々な効果をつける事ができます。リバーブで響かせたり、ディストーションで音を歪ませたり、ディレイで音を山彦みたいに遅らせて響かせたり、と色々な効果を音色に付加することができます。

 

まとめ

 

以上でDAWソフトの超基本的な使い方です。

 

一番難しいのは オーディオインターフェイスの設定と、それをDAWソフトに設定する部分だと思います。音が出るまでが一番の難関だと思いますので、解らない場合は気軽にコメント下さい。解る範囲でお答えします。

 

スポンサー


-DTM, ミュージック
-